転職の時に作成する履歴書を書く時に気をつける事

転職をしようと思ったのはどうしてですか?今の仕事にやりがいが持てないから。人間関係に疲れたから。人により様々な理由が考えられます。転職をする時にはいろいろな事をしないといけませんが、その一つには履歴書を作成する事があります。ここでは履歴書の作成のポイントについて解説します。

・市販のものでも大丈夫

履歴書は市販のものでも大丈夫です。とくにJIS規格のものであれば企業の人も見慣れている事から安心感があります。ほとんどの項目が事実を書けばよいのですから、迷う事は多くはないはずです。実例が付属している事がほとんどですから、その通りに埋めていけばかまいません。校名や社名は正式名称で省略せずに書きましょう。学歴や職歴の最後には以上と付け足します。

学歴に関していえば高校から書く事が多いですが、珍しい学校とか有名な学校出身の人は小学校や中学校から書いてもいいでしょう。面接の時に話のネタになるかもしれないからです。

・できるだけは埋める

ただ、市販の履歴書の欠点は余計な欄が多い事です。趣味や希望年収や特技などの欄の記入は少し気をつけないといけません。これで年収アップできるか決まってしまいます。趣味や特技に関してはできれば仕事に関係するような事が好ましいです。それからチームとしての活動が重視されるスポーツなどもいいでしょう。基本的には書類はできる限りは空欄が出来ないように作成するべきです。それが誠意となって見えるからです。ただ、年収や勤務地、勤務時間の希望などはあまり事細かく書かない方がいいです。面倒な人だと思われます。「一任します」とするか、空欄でも大丈夫です。転職では履歴書は重要事項。ここに挙げた事を参考に作成してみましょう。