自分らしく働く事の難しさと意外な所の抜け道について

人は誰だって自分らしく働きたいと思いますよね。ですが最初に就職して感じる事が社会の厳しさですよね。いかに大学時代に優れていてキャプテンだろうと、学校でトップの成績だろうと、スポーツで優秀な成績を残していようと結局社会人になれば全くそんな事は関係が無いのです。それは社会に出て多くの人が痛い程味わったと思います。中には他にもっと自分の事を分かってくれる会社があるはずだと転職をした人もいると思います。ですが転職をしてもそこでも結局同様の扱いになる事が多いのですよね。

それは企業としては個人の過去なんて全く興味が無いからなのです。別に高卒だろうと東大卒だろうとそんな事はどうでも良いのです。極論会社の利益に貢献さえしてくれればどうでも良いのです。だから誰かを特別扱いしたり、自分らしく働かせる必要等無く、今まで通り同じ仕事をしてくれたら良いという考えが充満しているのです。これはどの企業にいっても同様で基本的に目の前の仕事を終わらせる事に力を入れているので自分らし働くなんていう事は正直夢のまた夢の理想論なのです。

ですがこんな現実の中意外な抜け道があるのです。それがサービス業への転職です。サービス業といっても自分らしく働きやすい所が飲食店や販売店といった基本的にアルバイトが中心となって運営している所です。未経験の仕事でも構いません。これは正社員が店長だけというお店もあり、休みも不定期で責任もあるのですが、その分サラリーマンとは違い常に上司と一緒という事は無い為、自分らしく働くにはとても合っているのです。働く期間がながければ年収アップの可能性もあります。

正直就職ランキング等では土日が休めない事と体力勝負な所があるのでどうしても人気が無いのですが、一般の職業で自分らしく働けるという事が困難だという事は一度でもサラリーマンをしていれば身にしみて分かっていると思います。ですのでもし、自分らしく働く事を第一優先に考えるのであればこういったサービス業への転職は未経験でも可能な仕事といえます。