転職で失敗してしまう3つのパターンとは何か?

転職する人の数は昔よりも年々増えています。転職は多くの場合自分のビジネスチャンスを広げるため、可能性を活かしたいため、さらには待遇の改善を期待して行うことがほとんどです。とはいえ、残念ながら転職で失敗するケースもあります。今日はそのうちの3つについて記したいと思います。

まず最初のケースは内定時とは給与や福利厚生の面で内容が違うということです。実際に、転職前に掲載されていた内容と違うという職場はあります。さらに、せっかく転職したのでという理由でなかなかやめられたないという人も多くいます。もし、条件が違うと感じたのであれば、さらに改善する見込みがないようでしたらさらに別の会社に転職することも必要です。

次の失敗するケースは未経験職種のために仕事の内容が違うと感じることです。転職する前はこんな仕事をしたいとか、この仕事をすることが夢だったという思いがあっても、実際にやってみると不満が多くなります。なぜこうした事態になってしまうのでしょうか。理由の一つは転職活動の前に自己分析ができていなかったということです。業界への理解が少ないことが主な原因といえます。

最後の失敗するケースは人間関係です。上司との関係や同僚との関係で不満を感じ、転職が失敗だったと感じる人は大勢います。実際にこれは転職活動の際には気づきにくい部分です。そのため、転職活動をいくらがんばっても仕方ない問題ともいえます。そこで、こうした問題はどこへいっても起こりえる可能性があるということを思いに留めておきましょう。

どうせ転職するなら大手の中途採用の求人を探すように努力してみましょう。大手グループや下請けでもいいです。ステータスがあることが大事。

転職活動をするなら、できるだけいまの職場で粘りつつ行いたい

転職をするときに気をつけることは、できるならば辞めずに転職先を探すようにしたいということです。

最近は、アベノミクスが一定の効果を示した、などと言われてはいるのですが、実際のところ、ハローワークが発表している、上昇したという有効求人倍率は非正規を含めたものです。そういったところを除外して、正社員としての有効求人倍率は0.8程度と、1に達していません。ですから現在は買い手市場なのです。企業側は無理して雇わなくてもいいのです。

そのため、働きながらでは時間がないと、いったん辞めてから、失業保健を受けながら転職先を探していたら結局契約社員としての仕事先しか見つからなかった、ということも少なくないのです。また、転職前はもっと年収がもらえるような話をされていたり、労働時間が短くなるということを言われていたはずなのに、働き始めたら前の労働環境の方が良かったかもしれない、ということもあります。未経験の仕事ならなおさら会社に従順になってしまうでしょう。

もちろん、辞めずに探せるならそれが一番いいけれども、仕事が激務すぎるから辞めざるをえないという人も多くいるでしょう。健康上の問題なら早く辞めたほうがいいかもしれません。ただ、新卒という一番の権利を使った後ですから、今後はよほど優秀な人で優れた条件を提示してもらえる、というのでもない限りは、転職活動に対して、辛抱強く、がまんして、注意深く、という考え方を徹底することが自分にとって一番のメリットをつかむことになります。

転職活動をする前に考えておいたほうがいいこと

理由は人によって様々だと思いますが転職を考えている方は多くいると思います。仕事のやりがい、給料などの待遇、年収アップ、キャリアアップなどいろいろな想いがあるでしょう。転職といえば人生の分岐点でもありますし出来るなことなら良い転職をしたいものです。そのために事前に考えておいた方が良いことをご紹介したいと思います。転職を何度かしている方には当たり前の内容かもしれませんが、初めて転職をする方などには役に立つ内容だと思います。

まず考えなければならないことは、転職の理由と目的です。転職の理由がめんどくさかったからやつまらなかったからなどでは転職したい企業から良い印象を持たれることはありません。多少の脚色があったとしても企業を納得させられるだけの理由を考えておく必要があります。あわせて転職の目的を明確にしておく必要があります。なぜこの会社で働くのか、なぜこの仕事がしたいのかなど転職してきた目的を明確に言葉にできなければ企業側はあなたを雇うメリットを感じることができません。転職理由と目的の明確化は企業を納得させる材料になるとともに、自身の転職活動の基礎的な考えにもなりますのでしっかりと考えるべきだと感じます。

理由と目的を明確に持ったらいよいよ転職活動の開始です。ですがその前にもう一つ考えておくべきことがあります。それは企業にあなたを採用したいと思わせることです。そのためにこれまでの経験からどのように企業に利益をもたらすことが出来るかなど具体的に話す必要があります。メリットがある人材であることは転職には必ず必要な課題だと思いますので、しっかりと考えておいたほうが良いでしょう。

転職の時に作成する履歴書を書く時に気をつける事

転職をしようと思ったのはどうしてですか?今の仕事にやりがいが持てないから。人間関係に疲れたから。人により様々な理由が考えられます。転職をする時にはいろいろな事をしないといけませんが、その一つには履歴書を作成する事があります。ここでは履歴書の作成のポイントについて解説します。

・市販のものでも大丈夫

履歴書は市販のものでも大丈夫です。とくにJIS規格のものであれば企業の人も見慣れている事から安心感があります。ほとんどの項目が事実を書けばよいのですから、迷う事は多くはないはずです。実例が付属している事がほとんどですから、その通りに埋めていけばかまいません。校名や社名は正式名称で省略せずに書きましょう。学歴や職歴の最後には以上と付け足します。

学歴に関していえば高校から書く事が多いですが、珍しい学校とか有名な学校出身の人は小学校や中学校から書いてもいいでしょう。面接の時に話のネタになるかもしれないからです。

・できるだけは埋める

ただ、市販の履歴書の欠点は余計な欄が多い事です。趣味や希望年収や特技などの欄の記入は少し気をつけないといけません。これで年収アップできるか決まってしまいます。趣味や特技に関してはできれば仕事に関係するような事が好ましいです。それからチームとしての活動が重視されるスポーツなどもいいでしょう。基本的には書類はできる限りは空欄が出来ないように作成するべきです。それが誠意となって見えるからです。ただ、年収や勤務地、勤務時間の希望などはあまり事細かく書かない方がいいです。面倒な人だと思われます。「一任します」とするか、空欄でも大丈夫です。転職では履歴書は重要事項。ここに挙げた事を参考に作成してみましょう。

自分らしく働く事の難しさと意外な所の抜け道について

人は誰だって自分らしく働きたいと思いますよね。ですが最初に就職して感じる事が社会の厳しさですよね。いかに大学時代に優れていてキャプテンだろうと、学校でトップの成績だろうと、スポーツで優秀な成績を残していようと結局社会人になれば全くそんな事は関係が無いのです。それは社会に出て多くの人が痛い程味わったと思います。中には他にもっと自分の事を分かってくれる会社があるはずだと転職をした人もいると思います。ですが転職をしてもそこでも結局同様の扱いになる事が多いのですよね。

それは企業としては個人の過去なんて全く興味が無いからなのです。別に高卒だろうと東大卒だろうとそんな事はどうでも良いのです。極論会社の利益に貢献さえしてくれればどうでも良いのです。だから誰かを特別扱いしたり、自分らしく働かせる必要等無く、今まで通り同じ仕事をしてくれたら良いという考えが充満しているのです。これはどの企業にいっても同様で基本的に目の前の仕事を終わらせる事に力を入れているので自分らし働くなんていう事は正直夢のまた夢の理想論なのです。

ですがこんな現実の中意外な抜け道があるのです。それがサービス業への転職です。サービス業といっても自分らしく働きやすい所が飲食店や販売店といった基本的にアルバイトが中心となって運営している所です。未経験の仕事でも構いません。これは正社員が店長だけというお店もあり、休みも不定期で責任もあるのですが、その分サラリーマンとは違い常に上司と一緒という事は無い為、自分らしく働くにはとても合っているのです。働く期間がながければ年収アップの可能性もあります。

正直就職ランキング等では土日が休めない事と体力勝負な所があるのでどうしても人気が無いのですが、一般の職業で自分らしく働けるという事が困難だという事は一度でもサラリーマンをしていれば身にしみて分かっていると思います。ですのでもし、自分らしく働く事を第一優先に考えるのであればこういったサービス業への転職は未経験でも可能な仕事といえます。

夢を実現させるために仕事を辞めて渡米しました

私はアメリカに短期留学した後、放送局のリポーターの仕事についていました。決してしゃべることは嫌いではなかったのですが、なんだか自分らしくないな、と思っていました。

でも、リポーターの仕事は生放送でスリルがありますし、やりがいがあって、年収も良かったです。しかし、年齢制限があって、ある程度の年齢になると辞めなければならないルールになっていたのでした。それで、私は高校の時からの夢だった写真家になりたくて、ニューヨークの美術大学に入学するために、仕事を辞めて渡米することにしました。最初は英語をしっかりと話せるようになるために、コロンビア大学の英語のクラスを受けていて、それから美術大学を受験しました。TOEFLの点数も決まりがあって、ある一定の点数以上でなければ入学ができないことになっていました。それで渡米後3年目でやっと美術大学に入学することができました。私は写真を専攻して、無事に卒業しました。

その後、写真家として活動を始めました。T-Communications と言う会社に入って、フォトグラファーとしてCDのアルバムジャケットの写真やカーネギーホールのコンサートのポスターの撮影などをして、写真家になりました。私にとってはリポーターとして話をするよりも、写真で表現する方が性に合っていました。とても充実した仕事ができて、やっぱりリポーターから転職してよかったな、と思いますし、長年の夢を実現することができました。